小説


とかげの月

吉秒匠 Yoshinogi Takumi



line.gif

徒然 徒然    伝言 伝言    飛翔 飛翔 

line.gif




とかげの月 / 写真




更新履歴/ 「徒然」はつれづれに随時更新。


2018/05/22
『写真』



ペインティングオイル。
ざっくりした名前だが、
おもに、
リンシードオイルと、
ペトロールの混合物。
言い換えると、
亜麻仁油と石油。
まぎれもなく臭い。
おまけにシミになる。
そんなものを瓶詰めて、
だれに売るかといえば、
絵描き。
油彩画に必須。
いろいろな油を混ぜ、
自分好みにするひとも多いが、
面倒なのでだれもが、
調合済み油を一本は持っている。
これは松田油絵具さん製。
東京の老舗である。
生まれも育ちも関西な私が、
自分でこれを買ったおぼえはない。
しかし私の道具箱に入っている。
だれかにもらったのであろう。
こだわるひと、というものは。
気に入らんとひとにあげる。
気に入ってもひとにあげたりする。
こだわらない私はなんでももらう。
いや、それにしても。
こいつは完全に変色している。
もとは薄い金色透明な感じのはず。
それにデザインがおかしい。
ググっても出てこない。
私が生まれる前のもののようだ。
そうしてみると。
私が頂戴したときにはすでに、
変色していた可能性が高い。
あげるほうももらうほうもヘンだ。
と、考えてみると。
この瓶のたたずまい……
私は、すごく好きである。
年配のかたのアトリエで、
どう見ても使っていない、
長年放置されて味わい深い見た目。
この外見そのものに惹かれてしまい。
もらった……?
ちゃんとことわったのだろうか。
黙って持ってきたのでは?
あのひとのものかも……
という心当たりは、なくもない。
まったくおぼえていないというのも。
自分で記憶を消したのではないのか。
……などと疑って。
好きな見た目なのだけれど、
道具箱に入れてある。
使えない。使わない。
けれど油絵は腐らない。
このペインティングオイルは。
私が朽ちても。
私にいちども使われないまま、
私の所有物として朽ちもせず。
残る。
まあ……この写真を撮ったいま、
もう私の作品と呼んでもいいかも。









































line.gif

いま。ここに在る、あなたを愛してる。

でも…………まだ、秘密。

line.gif

徒然<白鏡> 徒然<白鏡>



twitter / Yoshinogi
@Yoshinogi からのツイート





mail.GIF


































inserted by FC2 system
inserted by FC2 system